院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。

 

腰椎椎間板ヘルニアなどの激しい腰痛になって医療機関にかかった時に、治療の補助に、腰痛ベルトが使われることが多いです。

 

この記事では、腰椎椎間板ヘルニアのような腰痛を改善してくれる、腰痛ベルトについて、正しい認識をしていただけますよに、ご紹介していきます。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

 

重いものをもったり、体を捻ったり、またはそのほかの理由で、腰の骨と骨の間の椎間板に負担がかかって、腰に激痛が走ったり、足の先まで痛みや痺れが生じる疾患のことを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

 

腰椎椎間板ヘルニアについて、詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

↓          ↓

腰椎椎間板ヘルニアとはどんな症状?原因7つと治療法3つについて解説

 

腰痛ベルトで腰椎椎間板ヘルニアを治す2つのポイント

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰を動かすことで悪化する腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛ベルトを着用することで直すことができます。

 

腰痛ベルトで腰椎椎間板ヘルニアを治すポイントは、次の2つです。

  1. シーンに合わせた腰痛ベルトをつけて、動くときは体全体を動かすこと
  2. 腰痛ベルトは強く締め付けないこと

 

あかりスタッフあかりスタッフ

これらを守りながら腰痛ベルトをつければ、腰痛を80%以上よくすることができます。

 

腰痛の原因は腰の一部分だけが動くから

 

全てが連動して動く体の関節は、疲労やストレスで体が硬くなると、初動で腰の一部分だけが動くことで腰痛が発生します。

 

その負傷の具合が小さい場合だと、レントゲンやMRIで確認できず、原因不明の腰痛に分類されます。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰痛の85%を占めるのがこのタイプなのですが、この原因不明の腰痛を放置しておくと、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患に進行していきます。

 

腰痛ベルトの効果

 

腰痛ベルトをつけると次の3つの効果が期待できます。

  1. 腰痛ベルトで背骨の動きを整える
  2. 腰痛ベルトで背骨の歪みを矯正
  3. 腰痛ベルトで足の痺れも治せる

 

腰痛ベルトを使うことで、背骨の動きを整えられて、腰がぐらついたり不安定感を予防することができます。

 

腰痛ベルトで背骨の動きを整える

 

腰痛ベルトを使うことで、背骨の動きを整えられて、腰がぐらついたり不安定感を予防することができます。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰痛ベルトを使い続けることで、腰に負担をかけない体の相互運動を脳が覚えて、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰痛が改善されます。

 

腰痛ベルトで背骨の歪みを矯正

 

腰痛ベルトをつけることで、背骨のゆがみが矯正され、腰に負担がかけない姿勢にすることができます。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

それに伴い、腰椎椎間板ヘルニアの症状が改善する効果もあります。

 

腰痛ベルトで足の痺れも治せる

 

腰痛ベルトをつけることで、足の痺れや坐骨神経痛も改善することができ、それに伴い、足の温度も正常値に戻せる効果もあります。

 

正しい腰痛ベルトの使い方

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰痛ベルトは腰痛があるときに腰を守って痛みを軽くしてくれます。ここでは、腰痛ベルトの正しい付け方と、腰痛ベルトをしているときのありがちな失敗例についてお話ししていきます。

 

ぎっくり腰!プロが教える腰痛ベルトの使い方

 

腰痛ベルトの正しい付け方を動画でご紹介します。

  1. 腰痛ベルトを骨盤に巻き付けて骨盤をしっかり固定します。
  2. 腰骨の高いところと、足の付け根の骨の間に巻くようにする。
  3. そうすることで腰が安定して、重い荷物も軽く持ち上げることができます。

 

腰痛ベルトをしているときのありがちな失敗例

 

腰痛ベルトをしているときのありがちな失敗例は主に次の3つです。

  1. ベルトの締め付けが弱すぎて腰をサポートできていない
  2. ベルトがウエストの方までずり上がったまままで腰をサポートできていない
  3. トイレに行った後に締め直さずにズレて、腰痛ベルトの効果が得られていない

 

あかりスタッフあかりスタッフ

正しい位置に腰痛ベルトをつけることによってこそ効果が得られるので、ベルトを強すぎない程度につけて、ズレたりした時には締め直すようにしましょう。

 

腰痛ベルトで腰痛を治すために守りたい6つのこと

 

腰痛ベルトで腰を守るためには、主に次の6つのことに気をつけましょう。

  1. シーンによって使い分ける
  2. 常に腰痛ベルトを着用する
  3. 腰痛ベルトを強く締めない
  4. 腰痛がなくても腰痛ベルトを使う
  5. 腰以外を意識して動かす
  6. 腰痛ベルトが伸びたら新しいものを

 

シーンによって使い分ける

 

腰痛ベルトには、次の3つのタイプのものがあります。

  1. 固定用の腰痛ベルト
  2. 再発防止の腰痛ベルト
  3. リハビリの時に使う腰痛ベルト

 

腰痛ベルトは、午前中には固定用・再発防止用の腰痛ベルトを。午後にはリハビリ用の腰痛ベルトを。そして安静時には、保護用の腰痛ベルトを使うようにしましょう。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰痛ベルトをつけるときは、使い分けができるとより腰痛を効果的に治すことができます。

 

もし、腰痛ベルトの使い分けができない場合は、医療用の腰痛ベルト予防用の腰痛ベルトスポーツ用の腰痛ベルトという風に選んで使い分けましょう。

 

常に腰痛ベルトを着用する

 

腰痛ベルトで腰痛を治すには、眠るとき以外は、常に腰痛ベルトを使うのがコツです(昼寝の時は、腰痛ベルトを外しても大丈夫です)。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

夜の就寝時にも腰痛ベルトを使うと効果的ですが、締め付けすぎに注意しましょう。また、就寝時に腰痛ベルトを使うときは、素材や固定力が柔らかい腰痛ベルトを使いましょう。

 

腰痛ベルトを強く締めない

 

腰痛ベルトをつけるときは、締め付けすぎに注意しましょう。一時的に腰痛が軽くなったとしても、腰痛を治すことはできません。

 

腰痛ベルトをつけるのは、腰だけが動くことを感覚的に治すのが目的です。

 

腰痛がなくても腰痛ベルトを使う

 

腰痛ベルトをつけるのは、腰の動きを制限しながら、全身運動をするためです。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

たとえ腰痛がなくなったと思っても、体の正常な動きを取り戻すまでは、腰痛ベルトを使うのがおすすめです。

 

腰以外を意識して動かす

 

腰痛ベルトをつけて、腰以外の体を動かしながら立ち上がったりして、股関節や胸椎を使うことを意識しましょう。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

作業効率を良くするのではなく、大きな動作や無駄な動作をするのが、腰痛を治すコツです。

 

 

腰痛ベルトが伸びたら新しいものを


腰痛ベルトの生地が使い続けて伸びてしまうと、腰痛改善の効果が落ちますので、そんなときは、新しい腰痛ベルトに変えましょう。

 

あかりスタッフあかりスタッフ

腰の状態がよくなってくると効果のある腰痛ベルトも変わってくるので、悩まれたときは、医師に相談しましょう。

 

まとめ

人差し指を立てる医療従事者

 

ここまで腰痛ベルトのことについて、次の17個のことについてお話ししてきました。

  1. 腰椎椎間板ヘルニアとは
  2. 腰痛ベルトで腰椎椎間板ヘルニアを治す2つのポイント
  3. 腰痛の原因は腰の一部分だけが動くから
  4. 腰痛ベルトの効果
  5. 腰痛ベルトで背骨の動きを整える
  6. 腰痛ベルトで背骨の歪みを矯正
  7. 腰痛ベルトで足の痺れも治せる
  8. 正しい腰痛ベルトの使い方
  9. ぎっくり腰!プロが教える腰痛ベルトの使い方
  10. 腰痛ベルトをしているときのありがちな失敗例
  11. 腰痛ベルトで腰痛を治すために守りたい6つのこと
  12. シーンによって使い分ける
  13. 常に腰痛ベルトを着用する
  14. 腰痛ベルトを強く締めない
  15. 腰痛がなくても腰痛ベルトを使う
  16. 腰以外を意識して動かす
  17. 腰痛ベルトが伸びたら新しいものを

 

腰痛ベルトを正しい方法で使うことで、腰椎椎間板ヘルニアなどの腰痛の治療の助けをしてくれることがわかりましたね。

 

腰痛を軽減させるためにも、腰痛ベルトのことを正しく認識してつけるようにしましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。 僕について 少し自己紹介します。 僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。 有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。 専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。 20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。 その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。 ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。 詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【船橋市二和東の施術場所】

・新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。 ・JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分 ・駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院  0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com 住所 〒274-0805  千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室 ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!   ①二和向台の駅を背にして直進   ② 左側にピザーラを見ながら通り。   ③  BOSSの自販機を右に曲がり。   ④  建物入り口になります。   ⑤  入って右側になります。 マンションの一階の一室にあります。 ベルを鳴らさずご自由にお入りください。 先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。   【お問い合わせ】 腰痛専門あかり接骨院 0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください! 住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101 ブログランキング応援よろしくお願いいたします! 人気ブログランキング