院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。

 

腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰から足に激痛が走る症状で、なってみるととても辛いものです。

私スタッフ石川も今から10年以上前に1ヶ月間動けなくなって

仕事ができないほどのぎっくり腰になり、人生最大の危機を味わったことがあります。

 

病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断され、
腰椎の4番目と5番目の間にヘルニアがあることを説明されました。

 

現在は症状はほとんどありません。なぜなら体の歪みが原因だと分かったからです。

 

そして日々体の歪みを解消しながら腰痛と上手に付き合ってます。

 

これは今でこそなのですが、ぎっくり腰をした当時は、
体の歪みに対する知識は全くなかったです。

 

ただ単に、疲労蓄積と筋肉疲労、関節疲労だろうからマッサージすれば解消するだろうという、

単純な発想しかできなかった無知な私でした。

 

体の歪みについて学んで、そして、実際、自分の体のこととか、家族の健康を見ると、

体の歪みって放置してるのはめちゃくちゃまずいことだなって思うようになりました。

 

体の歪みを放置しておくことは本当に本当に本当に!危険な状態なんです。

でも逆を言えば、体の歪みを解消する方法を覚えてしまえば、

その危険な状態から回避できると言うことです。

 

体に不調だったり悪い症状が出ていない時から、まめに体の歪みを解消して行けばいいんです。

 

と前置きが長くなりましたが、今回は、

腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気なのか、

そして症状が出ることが多いといわれる部位とその症状について

詳しく解説していきたいと思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアってなに?

 

私も腰を痛めた際、病院から、

『腰椎の中心にある髄核が飛び出していますよ』と説明を受けました。

説明を受けたものの、

だからどうすると良いとか、こうしていきましょうと言う話は全くなく、

今ある痛みを取るために、湿布と痛み止めの薬、

そして、その場で痛み止めの注射を打たれました。

あまりの痛みで、この痛みがいつ治るのかが知りたかったので、

『この痛みはいつ治りますか。痛みが引かない時はどうすればいいですか。』

と先生に聞きました。

 

そして得られた答えは、

『大体2週間くらいは痛みが続くと思ってください。

それ以降も引かない時はまた来てください。』

 

と言う回答で、当たり障りのないはっきりした回答ではなく、

治る希望も、よし上手にこの症状と付き合っていこうとか、

前向きな気持ちにはなれず、

ただただ不安だけが残った診察だったのを今でも覚えています。

 

きっとこのやりとりは、多くの患者さんとされているのだろうと思った瞬間でした。

 

腰椎椎間板ヘルニアを説明すると、

腰の骨と骨の間にある椎間板というこんにゃくゼリー状のような

髄核が飛び出して脊柱管の神経を圧迫します。

 

そのことで腰やお尻から足にかけて痛みやしびれを発生させる病気なんです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因は神経根炎

 

私はぎっくり腰をした時以前から、左太ももの前側に痺れが出ていました。

高校3年生の時から出ていたのですが、

いろんな検査をしたけれど、原因不明で終わりました。

痺れが出るタイミングとしては、

冬の寒い時期であること、

左の脇腹の下の方から痛みが出ること、

これが特徴的でした。

当初、婦人科系の疾患も疑いましたけど、全然問題ありませんでした。

まさか腰が原因だなんて、思えるわけもなく、

病気がないならまいっかと、放置してました。

それから数年後、実際自分自身がこの接骨院の世界に足を踏み入れ、

勉強をすると、

自分の痺れの原因というのがなんとなくわかってきたのです。

腰が原因だったのかと。

けれども、足の痺れが出るとしても、冬場の寒い時期だけでしたし、

そこまで気にすることもなかったんです。

原因を知れたからといって治療をしたとかそんなことはしませんでした。

ただ、この世界に入ったことでラッキーだったことがありました。

・施術の練習台になることが増えた

・自分自身の勉強のために、マッサージなど色々な施術に通うようになった

このことがきっかけで、

自然に足の痺れがなくなっていました。

環境のおかげで体のケアができ、体の状態が良くなったんですね。

やっぱり体のケアは大事だなとということが分かりました。

治療を受けるたびに、

「腰硬いですね、めちゃくちゃ凝ってるよ。」

と言われてました。

人に言われて気づいたけれど、自覚症状として自分の体が硬いことを感じたことはなかったですし、

意識したこともありませんでした。

それなりに毎日元気に生活できていたし、

ストレッチも適度にできて、むしろ自分の体は柔らかいとまで思っていました。

無知というのは本当に怖いですね。

私の場合、腰の4番5番の骨の間にヘルニアがあって、

これが原因で痺れが出ていた可能性が高いわけです。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みや痺れの原因は、

骨の間からでている神経が、骨の間から出てしまったヘルニアが神経を圧迫することで

出ていると言われていますからね。

ちなみに、腰椎椎間板の構造は、椎間板の真ん中にある髄核という柔らかいものがあって、

その周りには、バームクーヘンのように線維輪になっているもので囲まれています。

 

この椎間板の後ろに、神経が入った管があって、そこの管から神経が左右に分かれて出てきます。

 

その神経の出始めの部分を神経根といいます。その部分に、さっき言った椎間板の中心にある髄核が飛び出して、神経根が圧迫されるので、

これが腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因になっているんです。

 

腰椎椎間板の働きとしては、5つの腰の骨の間にあるクッションのような役割をしていて、

腰に衝撃を受けても、そのクッションがあることで骨を痛めずに守られるわけです。

潰れたクッションを回復させるのは、難しいので、

もしヘルニアになったら、

クッションがこれ以上潰れないように、

そして、他の骨の間にあるクッションが潰れないように、

悪くならないように、

と、ケアをしていく必要があるわけです。

私自身、現在は日々、体のゆがみのケア、そして関節が硬くならないようにと、

ストレッチや体を動かすために歩くことは欠かせません。

実際、患者さんの中には、仕事をしながらも毎日趣味で10キロ走っている方もたくさんいらっしゃいます。

その後のケアだったり、日常の食生活などをお伺いすると、

アスリート並みのことをされてます。

その中でもやはり腰を痛めてヘルニアと診断される方がいらっしゃいます。

ですが、そのことを前向きに捉えて、痛みがある時はしっかりケアに専念されて

早期復活されてます。

日々のケアは面倒臭かったりしますが、

日々のケアがあることで、痛めたとしても回復が早いということが

多い傾向があります。

痛めたとしても、まいっかじゃなくて、

早期回復出来る体、これが理想だと思いますし、

ケアをしっかり行っていけば、その体は手に入るんだと思うと、

毎日のケアが多少面倒でも、やる気が起こります。

 

腰椎椎間板ヘルニアで多いのは第5腰椎と第1仙骨のヘルニア

 

腰椎椎間板ヘルニアには5つの箇所があって、

どの部分の椎間板が異常が出ているかによって、症状が異なります。

 

私の場合、上記の図から判断すると、

水色の部分に痺れが出ていました。

神経の場所としては、

第4腰椎の骨の下から出ている神経がヘルニアによって

圧迫されていると判断できるわけです。

 

ちなみに、5つの腰椎は、

一番上から、第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎、

そして、仙椎という骨の順番で縦に並んでいます。

 

椎間板の英語の頭文字のLを使って、

第一腰椎と第二腰椎の間の椎間板であればL1/2

第2腰椎と第3腰椎の間の椎間板であれば、

2/3というように呼ばれています。

私の場合、L4/5の椎間板ヘルニアになるわけですね。

 

腰椎椎間板ヘルニアで最も多い部分は、第4腰椎と第5腰椎(L4/5)のヘルニアで、

次いで多いのが第5腰椎と第1仙椎の間(L5/S1)のヘルニアです。

そして私自身最も多いヘルニアになったと言うわけです。

 

じゃ、このヘルニアを手術でとってしまえば、

痺れの症状が一気に綺麗さっぱりなくなるのかと言ったら、

そんなことはありません。

 

まずやるべきことは、体のゆがみを取ることです。

 

ヘルニアになってしまった大元の原因は、

日常生活による体のゆがみだからです。

 

今ある症状は、そのゆがみから派生して出てきた、

筋肉や関節、神経症状です。

 

私も実際、体のゆがみを取ったことで、一気に痛みが回復に向かったという

驚きの経験をしています。

実際、この時受けた施術が現在当院で行われている、

ゆがみ取りの施術『スパット療法』なんです。

 

ここから私は体のゆがみについて勉強し始め、

体のゆがみの恐ろしさと、ゆがみ対策の重大さを実感してます。

 

とは言っても、実際、ゆがみ取りだけじゃ追いつかない症状の方も

多くいらっしゃいます。

 

つまり手術レベルの症状ですね。

手術レベルの症状についてはこちらの記事に書いてます。

 

次は、稀な椎間板ヘルニアについて解説しています。

特に気にならない方はスルーしてください。

 

椎間孔内,椎間孔外 に症状が現れる外側型腰椎椎間板ヘルニア

 

出典:水野記念病院

 

腰椎椎間板ヘルニア手術を行ったのに、それでもよくならず、

症状が続くといって患者さんが来院されることがよくあります。

 

教科書的には、腰椎椎間板の場所により、脊柱管内であったり、椎間孔内であったり、

椎間孔外であったりもしますが、脊柱管内が一番遭遇することが多く、

L4/5の腰椎椎間板ヘルニアの場合は、L5神経根に症状が現れるとなっていますが、

実際、手術をしてもよくならないケースが多いです。

その場合、原因が、腰はよくないけれど、ヘルニアの圧迫を受けてではない可能性があるわけです。

じゃどこが原因かといえば、

ヘルニアがあることでその神経周りの血液循環が弱ります。

すると、その周りの神経の働きが弱くなりますし、筋肉の動きも、

骨の状態も悪くなってきます。

それが痛みや痺れとなって現れるということですね。

 

同じく、椎間孔内,椎間孔外 に症状が現れるのを、外側型腰椎椎間板ヘルニアと呼び、

L4/5の腰椎椎間板の場合は、L4神経根に症状が現れます。

 

後根神経節が圧迫されれば、激しい痛みやしびれが生じますが、

多くの場合は症状がなく、診断するときには、

MRIでなどの画像診断をするしかありません。

 

1つの椎間で脊柱管および椎間孔内外までの広範囲での

ヘルニアが発生する2根障害の場合は、

5神経根障害の診断で、1根障害が2つの椎間で発生する場合は、

5神経根障害の診断が下されます。

L4/L5の脊柱管内腰椎椎間板ヘルニアと、

L5/S1の外側ヘルニアがMRIの画像で確認できる場合があって、

どちらの椎間が症候性なのかを決定する方法は、

今の医療では存在されてなく、今後に課題が残されいる分野です。

 

といって、場所を限定できたとしても、実際に手術で回復出来るかというと、

難しいことも多いようです。

 

じゃどうしたらいいのか、

そのためにはやはり、体のゆがみをしっかり取りつつ、ゆがみによって悪影響を受けた

血液循環の改善と神経の働きを高める、筋肉や骨の状態も改善していくということを

意識的にしていく必要があるわけです。

 

そのために当院でもしっかりケアして、その場の痛みだけではなく、

その後の日常生活についてもしっかりフォローしてます。

 

当院での腰椎椎間板ヘルニアに対する考え方

ここまで腰椎椎間板ヘルニアについて解説してきました。

当院でも腰椎椎間板ヘルニアで辛い症状をお持ちの患者様が多くいらっしゃいます。

 

そして、私も腰椎椎間板ヘルニアを患った1人です。

 

実際に私はその後の経過を追っているわけではありませんが、

たまの腰痛があるものの、現在はヘルニアであることを忘れるほどに回復してます。

 

腰痛が出ないために意識をしていることは、

骨格のゆがみを悪化させないように日々ケアをしていることです。

 

骨格のゆがみを日々ケアできるのは、

ヘルニアの解消と健康維持になりますからね。

そのことについて解説した動画があります。

 

骨格のゆがみは自分でも解消することができるんですよ。

自分でゆがみを解消する方法については別の記事でご紹介しています。

 

骨格のゆがみから改善された患者さんの声をまとめてます⇨患者様の声

 

まとめ

ここまで、つぎのことをお話してきました。

 

  1. 腰椎椎間板ヘルニアってなに?
  2. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因は神経根炎
  3. 腰椎椎間板ヘルニアで多いのは第5腰椎と第1仙骨のヘルニア
  4. 椎間孔内,椎間孔外 に症状が現れる外側型腰椎椎間板ヘルニア
  5. 当院での腰椎椎間板ヘルニアの考え方

 

この記事が、腰椎椎間板ヘルニアの症状で

困っている患者さんの参考になれば幸いです。

当院は脊柱管狭窄症の方に特化した施術を行なっております。

当院の患者様の声をご紹介しています。

骨格のゆがみから改善された患者さんの声をまとめてます⇨患者様の声

お声を下さった患者様が施術を終えた感想で一致していることがあります。

それは、骨格のゆがみが腰痛解消につながることを実感されたということです。

体は全身繋がっています。

ゆがみ対策をしてヘルニアの症状を少しずつ改善することと、

健康体質への体質改善が当院の目指すところです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。
僕について 少し自己紹介します。

僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。

有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。
専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。

20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。

その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます

現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。

ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。

詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【船橋市二和東の施術場所】

新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。

JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分

駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院 

0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com

住所 〒274-0805 

千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室

※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!
二和向台の駅を背にして直進

② 左側にピザーラを見ながら通り。

③  BOSSの自販機を右に曲がり。

④  建物入り口になります。

⑤  入って右側になります。

マンションの一階の一室にあります。
ベルを鳴らさずご自由にお入りください。
先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。

【お問い合わせ】
腰痛専門あかり接骨院
0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com

※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!

住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101

 

 

ブログランキング応援よろしくお願いいたします。

人気ブログランキング