院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。
脊柱管狭窄症だと腰が痛い。
ほぐしたくても自分ではなかなかほぐしにくい場所ではないでしょうか。
そうは言ってもマッサージに通うにも大変だし、誰かにお願いするのもなかなか難しい。
ですが、あるものを使うことで自分でストレッチできるんです。
もう分かりますね?
タイトルとタイトル画像にある通り、テニスボールです。

1、痛みの発生源はココ!

 

あかりスタッフあかりスタッフ

上の画像は、腰が痛い時に特に固くなっている場所です。
これこそがいわゆる「トリガーポイント」です。

A 、脊柱起立筋・多裂筋

背骨の両側にある盛り上がっている筋肉、それが脊柱起立筋です。
さらにその脊柱起立筋の下にある筋肉が多裂筋です。
見てお分かりの通り背骨を支えています。
脊柱起立筋は首までつながる長い筋肉ですが、腰痛の原因になるのは下半分の筋肉です。

B、腰方形筋

肋骨と骨盤をつないでいる筋肉で、腰を支えてくれています。
腰が痛む時、無意識に手を当てる場所ではないでしょうか。
長時間座りっぱなしになっていると固まってって、放っておくと痛みがひどくなってしまいます。
ちなみに、この辺りに「万能のツボ」こと「腎兪」もありますよ。

C、中殿筋

お尻の上半分の筋肉で、骨盤を支え、股関節を動かす働きがあります。
座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいると痛みが出やすく、ひどくなると腿に痺れが出ることも。
腰が痛い時、トントンするだけでも楽になる場所ですよね。

2、テニスボールはこう使う!

あかりスタッフあかりスタッフ

お待たせしました。テニスボールを使ったストレッチのご紹介です。
テニスボールを二つご用意ください。

痛むのは腰なのですが、脊柱管狭窄症の改善に効くのはお尻!

ストレッチのやり方はコチラです↓

①テニスボールを二つ靴下などにいれてまとめておく
②膝を立てて仰向けに寝る
③右側のお尻を少し浮かせテニスボールに乗るようにして仰向けに戻る
④両ひざを外側に開き10秒キープ
⑤左側も同様に
膝は開くところまででOKです。
長時間座りっぱなしで腰がだるいなあ…なんて感じる時にもおすすめです。

3、【禁】間違ったテニスボールの使い方

あかりスタッフあかりスタッフ

効果抜群のテニスボールを使ったストレッチですが、かえって悪化させてしまうこともあります。
是非ご確認の上実践してくださいね。

 *痛む場所に直接テニスボールを当ててグリグリすること

筋繊維を痛めかえって悪化させてしまうので絶対厳禁!
痛むところをグリグリすると本っっ当ーーーーに気持ちが良いのですが、テニスボールでグリグリすることはかなり刺激が強いんです。
筋繊維が傷ついてしまったら、治る時に筋肉が固くなってしまいます。
そして、腰痛解消のポイントはくどいのですがお尻!
深く呼吸をしながらテニスボールの上ではゆっくり動くことが大切なのです。

まとめ

いかがでしたか?
脊柱管狭窄症の改善に効果のあるテニスボールを使ったストレッチ方法でした。
もう一度まとめます。
1、腰痛のトリガーポイント
→「脊柱起立筋・多裂筋」「腰方形筋」「中殿筋」
2、テニスボールを当てるべきはお尻
3、固くなって痛む場所に直接テニスボールを当てるのは厳禁
テニスボールと自分の体重を使ってのストレッチは簡単な割に効果がありますし、それより何より気持ちがいい!
さらに、椅子に座って足の土踏まずの辺りにテニスボールを当ててコロコロすると、お通じ改善に効果もありますよ。
テニスボールを用意してみてはいかがでしょうか?
ただし、本当にくどいのですが、グリグリやりすぎるのは逆効果。
上手に活用してくださいね。
それでは、くれぐれもお大事にしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。 僕について 少し自己紹介します。 僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。 有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。 専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。 20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。 その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。 ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。 詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【船橋市二和東の施術場所】

・新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。 ・JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分 ・駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院  0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com 住所 〒274-0805  千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室 ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!   ①二和向台の駅を背にして直進   ② 左側にピザーラを見ながら通り。   ③  BOSSの自販機を右に曲がり。   ④  建物入り口になります。   ⑤  入って右側になります。 マンションの一階の一室にあります。 ベルを鳴らさずご自由にお入りください。 先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。   【お問い合わせ】 腰痛専門あかり接骨院 0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください! 住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101 ブログランキング応援よろしくお願いいたします! 人気ブログランキング