院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。

 

ふたこふたこ

もう何年も前から腰部脊柱管狭窄症との診断を受けているんですが、痛みが激しく我慢でいないくらいです。事務職の仕事で椅子に座り続けることが多いのですが、医者からはみんな我慢しながら仕事をしていると言われます。少しでもこの症状を軽くしたいのですが…

 

随分悩まれているようですね。

腰部脊柱管狭窄症は足の痛みやしびれを伴う病気です。

腰部脊柱管狭窄症については、次の記事に詳しく書かれています。

↓       ↓

腰部脊椎管狭窄症とはどんな病気?チェックリスト付で徹底解説!

一日座りっぱなしの仕事をされているそうなので、この記事では、なるべく痛みが出ない座り方や椅子のことについてご紹介します。

どうぞ最後までご覧になってください。

 

脊柱管狭窄症などの予防にもなる腰当付きオフィスチェア6選

あかりスタッフあかりスタッフ

ここでは、脊柱管狭窄症の予防になるオフィスチェアを6つご紹介します。

  1. オフィスチェアYS-1
  2. オフィスチェア 腰楽 ハイバック メッシュチェア パソコンチェア

  3. デュオレスト 肘なし ブラック

  4. デュオレスト 肘付 ヘッドレスト付

  5. シルフィー sylphy エクストラハイバック 背メッシュタイプ

  6. エルゴヒューマン ベーシック ハイタイプ エラストメリックメッシュブラック

 

1. オフィスチェア YS-1

出典:オフィスコム

 

可動式のランバーサポートは、体に合わせて位置を調整でき、背骨のS字カーブをサポートし、負担を減らします。

「腰が痛くない」
「背面が高く、座るのが楽」

といった利用者の声があります。

 

2. オフィスチェア 腰楽 ハイバック メッシュチェア パソコンチェア

出典:オフィスコム

 

肩回りを覆うようにできたクッションパッドは、背もたれに預けた利用者の体を優しく包みます。

「自分の体格に合わせることができて快適」
「座り心地が良い」

といった利用者の声があります。

 

3. デュオレスト 肘なし ブラック

 

出典:オフィスコム

二つの背もたれは、常にぴったりと張り付き、面積が広く腰への負担が軽減させます。
また正しい姿勢を維持できるように座りやすい座面で作られており、脊柱を圧迫しない構造になっていますので、腰にも優しい作りです。

「背中全体を支えるので、長時間座っても腰が痛くない」
「座り心地が安定していて良い」

という利用者の声があります。

 

4. デュオレスト 肘付 ヘッドレスト付

 

出典:オフィスコム

 

二つの背もたれは、腰への負担を20kg~30kgも軽減させます。

左右背もたれの間が数センチ空いているため、腰や背骨の持病を持つ方にとってとても優しい座り心地を実現します。

二つの背もたれに寄りかかりますと、無理なく自然と背筋が伸びるため、長時間の作業でも快適です。

「腰痛の心配をせずに仕事ができる」

という利用者の声があります。

 

5. シルフィー sylphy エクストラハイバック 背メッシュタイプ

出典:オフィスコム

背もたれのカーブは二段階で調整可能で、背の両サイドにあるレバーを下の位置にすると緩やかなカーブになり、大柄な人に対応します。

そして、レバーを上に持ち上げるとカーブになり、小柄な人にも対応します。

様々な体格に合わせて腰回りをサポートし、体を優しく支えるので、長時間のデスクワークに最適です。

 

6. エルゴヒューマン ベーシック ハイタイプ エラストメリックメッシュブラック

出典:オフィスコム

エルゴヒューマンチェアは、腰へのフィット感や、各個人の身体への適応性を追求し理想のチェアを実現するため数多くのアジャスト機能がついています。
またエルゴヒューマンチェアには独立式ランバーサポートがついており、緩いS字サインに近づけ腰をサポートします。
 

脊柱管狭窄症の場合にやってはいけない椅子の座り方3つと正しい座り方3つ

椅子に座る女性良い例悪い例

出典元:脊柱管狭窄症と座り方

 

ここでは、脊柱管狭窄症で、椅子に座るときにどういう点に気をつければ良いのかを解説していきます。

 

脊柱管狭窄症の場合にやってはいけない3つの座り方

 

あかりスタッフあかりスタッフ

脊柱管狭窄症によくない椅子の座り方は、次の3つです

  1. 椅子やソファーに浅く腰かけ、背もたれに強く背中をもたれさせる
  2. 柔らかい座面の椅子やフカフカのソファーを使っている
  3. 周気づけば猫背になっている

 

椅子やソファーに浅く腰かけ、背もたれに強く背中をもたれさせる

骨盤が大きく後ろに傾き、背骨の自然なカーブが失われてしまうことにより、腰に大きな負担がかかります。

 

柔らかい座面の椅子やフカフカのソファーを使っている

座面が柔らかすぎると、腰が深く沈みこんでしまい、また上半身が不安定な状態になるため、腰に余計な負担がかかってしまいます。

 

気づけば猫背になっている

猫背もまた、腰に負担のかかる姿勢の一つです。脊柱管狭窄症の人は、腰を反らせる動作が辛く、少し前かがみになったほうが、痛みが和らぐという特徴があります。しかし、猫背のまま長時間座って過ごしてしまうのは、腰に良いとはいえません

 

脊柱管狭窄症による腰痛を悪化させないための正しい座り方

あかりスタッフあかりスタッフ

脊柱管狭窄症を悪化させない座り方について3つご紹介します。


椅子には深く座り、骨盤を立てる

腰に負担のかからない座り方は、「骨盤を立てる」座り方です。骨盤を前にも後ろにも傾けず、立っているときのようなフラットな状態が理想です。骨盤を立てるためには、椅子に深く座ってお尻を背もたれにつけ、そのまま体を起こします。このとき、腰を反らせすぎると、骨盤が前傾してしまう上に、痛みが出やすくなるため、気をつけましょう。

 

背もたれと背中の間にクッションを置く

背もたれと背中の間にどうしても隙間が空いてしまうという人は、背もたれと背中の間にクッションを置いて調整します。なお、「骨盤を立てると痛みが増す」という人にも、クッションがおすすめです。痛みの少ない「やや前傾姿勢」を保てるよう、背もたれと背中の間のクッションで調整します。クッションに背中を沿わせるよう意識しながら過ごせば、猫背予防にもなります。

 

フカフカのソファーやリクライニング機能付きの椅子を避ける

骨盤を立てて座るためには、なるべく座面の硬い椅子を選びましょう。とはいえクッション材の敷かれていない椅子は固すぎますから、その場合は、オフィスワーク用など長時間の「座り」に特化した機能性クッションを敷いて調整します。また、リクライニング機能付きの椅子も、骨盤を立てて座るには不向きです。

 

脊柱管狭窄症の方が椅子に座るときに使うクッションの選ぶ3つのポイント

あかりスタッフあかりスタッフ

椅子に座るときに腰に負担をかけないためには、クッション選びが重要です

ここではクッションを選ぶときのポイントは次の2つです。

  1. 反発性で選ぶ
  2. 背もたれの有無で選ぶ

 

反発性で選ぶ

出典元:坐骨神経痛のはクッション使おう!効果や選び方について解説 

クッション選びにおいて、まず「反発性」は非常に重要です。
低反発素材の場合は、柔らかく力を加えるとゆっくりと形状が変化していく、という特徴があります。
身体にかかる圧力を分散してくれる効果があるので、デスクワークなど長時間座って作業を行う方におすすめです。
一方、高反発素材の場合は、力を加えると強く跳ね返され、形状が変化しづらいという特徴があります。
腰痛持ちの方は、身体が沈まない高反発クッションの方が腰に負担をかけずに済むので、高反発素材を選ぶことをおすすめします。

 

背もたれの有無で選ぶ

「背もたれの有無」という観点も、クッション選びにおいて重要な視点の一つです。
背もたれがない、座布団タイプのクッションは、持ち運びに便利なので、職場などに持参しやすいというメリットがあります。

一方、背もたれがあるクッションは、背中までしっかりと支えてくれるので、骨盤が安定し、良い姿勢が保ちやすいメリットがあります。
猫背や反り腰など座っている際の姿勢が悪い方は、坐骨神経痛を発症するリスクが高くなるので、座っているだけで姿勢矯正してくれる背もたれ付きのクッションがおすすめです。

 

まとめ

 

この記事では、次の19個のことについてお話してきました。

  1. 脊柱管狭窄症の場合にやってはいけない椅子の座り方3つと正しい座り方3つ

  2. 脊柱管狭窄症の場合にやってはいけない3つの座り方

  3. 椅子やソファーに浅く腰かけ、背もたれに強く背中をもたれさせる
  4. 柔らかい座面の椅子やフカフカのソファーを使っている

  5. 気づけば猫背になっている

  6. 脊柱管狭窄症による腰痛を悪化させないための正しい座り方

  7. 椅子には深く座り、骨盤を立てる

  8. 背もたれと背中の間にクッションを置く

  9. フカフカのソファーやリクライニング機能付きの椅子を避ける

  10. 脊柱管狭窄症の方が椅子に座るときに使うクッションの選ぶ3つのポイント

  11. 反発性で選ぶ
  12. 背もたれの有無で選ぶ
  13. 脊柱管狭窄症などの予防にもなる腰当付きオフィスチェア6選

  14. 1. オフィスチェア YS-1

  15. 2. オフィスチェア 腰楽 ハイバック メッシュチェア パソコンチェア
  16. 3. デュオレスト 肘なし ブラック

  17. 4. デュオレスト 肘付 ヘッドレスト付

  18. 5. シルフィー sylphy エクストラハイバック 背メッシュタイプ

  19. 6. エルゴヒューマン ベーシック ハイタイプ エラストメリックメッシュブラック

 

腰部脊柱管狭窄症は座り方によっては症状を軽減、クッションは姿勢を矯正する効果があります。

腰痛予防対策の椅子は正しい姿勢に導いてくれる椅子に座ることで、腰痛を気にせずに集中して作業ができる上に仕事の効率が上がることにも繋がります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。 僕について 少し自己紹介します。 僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。 有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。 専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。 20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。 その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。 ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。 詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【船橋市二和東の施術場所】

・新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。 ・JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分 ・駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院  0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com 住所 〒274-0805  千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室 ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!   ①二和向台の駅を背にして直進   ② 左側にピザーラを見ながら通り。   ③  BOSSの自販機を右に曲がり。   ④  建物入り口になります。   ⑤  入って右側になります。 マンションの一階の一室にあります。 ベルを鳴らさずご自由にお入りください。 先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。   【お問い合わせ】 腰痛専門あかり接骨院 0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください! 住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101 ブログランキング応援よろしくお願いいたします! 人気ブログランキング