院長の自己紹介
名前:石川明人(いしかわ あきと)43歳 資格:柔道整復師、健康雑誌に掲載された今話題のセラピスト。 専門:脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。20歳から怪我のスペシャリストの接骨院で5年間丁稚奉公し、大きな骨折や脱臼を治してきた。その後整形外科に4年勤務。親指の難しい骨折を手術無しで完治(患者さんは美容師のため手術は絶対避けたかった)。喋りが大好きで、患者さんやセミナー参加者に身体の仕組みについて熱弁!趣味はスポーツ観戦。学生時代はバスケに燃える。ディズニーに子供と行くが楽しみ。⇨そんな僕が行っているぎっくり腰の施術と料金についてはこちらから見れます。
筋トレってしてますか?
“腰が痛くてそれどころじゃない”?
確かに腰が痛いんですもの、動きたくないですよね。
ですが、簡単な筋トレをすることで痛みが軽くなると聞いたらどうです?
そう、脊椎管狭窄症の原因のひとつは筋力の低下だと言われているんです。
要するに筋力を取り戻すことで脊柱管狭窄症の症状改善につながるというワケ。
ですので、簡単で続けやすい筋トレメニューをご紹介します。

レベル1…ドローイング

簡単に言ってしまうと腹式呼吸です。

朝起きたらお布団の中でやってみてるのも良いと思います。目が覚めます。
私だけかも知れませんが、夜寝る前はやめた方がいいです。目が覚めます。

ドローイングのやり方
1,タオルを2枚ご用意
2,膝を立てて仰向けに寝転び、腰の下に畳んだタオルを入れる
3,もう一枚のタオルをおヘソの上に置く
4,手のひらを上に両脇に添える
5,5秒かけて息を吐きながらお腹をへこまし、ゆっくり戻す

*1~5を5回を2セット行うのがベスト

寝転んだままできるので、本当に筋力に自信のない人でも実行できるのではないでしょうか。
ポイントはお腹以外に力を入れないこと。
動画にもある通り、タオルを意識しながら行うとやりやすいです。

レベル2…ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングス(腿の裏側の筋肉のこと)が固くなると腰への負担がかかって腰痛の原因になります。
なのでここを伸ばす!わけです。
はっきり言ってメッチャ痛いのですが、いきなり腰がぽかぽかしてきますよ。
無理のない範囲で是非挑戦してみてください。

ハムストリングスのストレッチのやり方
1,背筋を伸ばして足を肩幅に開いて立ち、右足を半歩前に出す
2,左膝を曲げながら上体を倒し、右足を背中「く」を作る
→手は太ももの中央に置く

*2の姿勢を左右それぞれ20秒キープ×3セット

やってみました?メッッチャ痛いですよね!
ちなみに、背中が曲がってたりすると痛くない…つまりは効いていません。
痛いのですが背中はまっすぐ伸ばすのが大切です。
どうにも我慢できないくらい痛い場合は、上体を倒す角度を小さめにしてでも背中はまっすぐにしてみてください。

レベル3…スクワット

さて、筋トレ本番です。スクワット!
簡単なようで奥深く、足から腰まで効率的に鍛えられる筋トレと言えばやっぱりスクワット。
本格的にやってみるとかなり大変ですが、やるだけの価値がありますよ。

スクワットのやり方

1,つま先をやや外向けにして、肩幅くらいに足を広げる
2,つま先と膝が同じ向きになるようにしながら腰をゆっくり落とす
3,完全にしゃがむ姿勢になる手前でストップ
4,なるべく早い動作で立ち上がり最初の姿勢に戻る

*1~4を10回繰り返し

動画を見た方が分かりやすいと思うので、一度はご確認ください。
間違ったやり方で膝などを痛めてしまっては元も子もありません。
10回程度が目標ですが、くれぐれも無理をせず出来る範囲で挑戦してみてください。
椅子に座るような感覚で腰を落とすとやりやすいはず。
なお、腰を落とす時はゆっくり、立ち上がる時は素早く、がポイントですよ♪

筋トレをすると何がいいの?

では、脊柱管狭窄症の改善に筋トレが良いのは何故でしょうか?

 

冒頭でも言いましたが、脊柱管狭窄症の原因のひとつに筋力の低下があると言われています。
筋力が低下することで背骨にかかる負担が大きくなり、身体に歪みが出てしまうというわけです。
とりわけ、腰回りの筋肉を「コルセット筋」と呼びます。
文字通り、筋肉は身体を支え、守るコルセットなのです。
そうは言っても腰に限らず身体に痛みがあると動きたくなくなるでしょう。
ですが、1日安静にして身体を使わずにいると、それだけで筋力が2%も低下するという研究結果もあります。
少しでも身体を動かすことはそれほど大切なことなのです。
まずはレベル1のトレーニングから是非とも挑戦してみてください。

 

もちろん、するべき無理とすべきではない無理がありますので、医師などのプロと相談した上で実践してくださいね。
コルセット筋について詳しく解説しているこちら↓の記事も参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?
脊柱管狭窄症の改善には筋トレが有効だということと、筋トレメニューのご紹介でした。

 

それでは最後にもう一度まとめです。
レベル1…ドローイング
レベル2…ハムストリングスのストレッチ
レエル3…スクワット
筋トレの有効性
①安静にしすぎると筋力が低下→症状が悪化する
②筋トレで「コルセット筋」を鍛える→症状が改善
ほとんどの場合、適度な運動をすることは健康維持に大切なことです。
分かっていてもなかなか続けるのは難しい。
それでも使わないものは錆びるもの。
筋肉も同じです。
意識して動かしていきたいものです。
ただし、くれぐれも無理のない範囲で。

 

どうぞお大事してくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは、あかり接骨院院長の石川です。 僕について 少し自己紹介します。 僕は水戸黄門で有名な茨城県の水戸生まれです。 有名健康雑誌に掲載された今話題のセラピストです。 専門は脊柱管狭窄症(実例:手術レベルの腰痛を手術無しで緩和100症例以上あり)。 20歳から怪我を治すことで有名な接骨院で5年丁稚奉公し大きな骨折や脱臼を治してきました。 その後4年間整形外科に勤務、手術レベルの指の骨折を手術なしで完治させてます現在は脊柱管狭窄症の施術と骨格矯正のセミナー講師もしてます。 ここまでの道のりは正直かなり険しかったですが、 この仕事が大好きな気持ち一心でやってきました。 詳しい自己紹介は以下に書きました。 ⇨ 石川院長の詳しい自己紹介 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【船橋市二和東の施術場所】

・新京成線二和向台駅より徒歩2分 駅近で便利です。 ・JR津田沼駅から歩いて5分にある新京成線新津田沼駅から二和向台駅まで20分 ・駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください

【お問い合わせ】

腰痛専門あかり接骨院  0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com 住所 〒274-0805  千葉県船橋市二和東5-22-17日商ニューハイツ101号室 ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください!   ①二和向台の駅を背にして直進   ② 左側にピザーラを見ながら通り。   ③  BOSSの自販機を右に曲がり。   ④  建物入り口になります。   ⑤  入って右側になります。 マンションの一階の一室にあります。 ベルを鳴らさずご自由にお入りください。 先に患者様がいらっしゃることがありますので、 待合室でお待ちください。   【お問い合わせ】 腰痛専門あかり接骨院 0497-498-9399 メールakito.ishikawa@gmail.com ※場所がわからない時はお気軽にご連絡ください! 住所 274-0805 千葉県船橋市二和東5-22-17-101 ブログランキング応援よろしくお願いいたします! 人気ブログランキング